九条の会・草加新聞 LOVE PIECE 18号(2007年9月発行)から

〈1面〉

「未来の人たち」に平和を! 被爆都市慰霊の日に寄せて

広島・長崎、そして地域で 憲法を守り育てる多彩な催し

憲法誕生から60年、太平洋戦争終結から62年。「憲法は古くなった」とか「戦後レジームからの脱却」などの声高な主張がある。だがそれに対抗するように、今年の夏は戦争を検証し平和を考え願う動きが、メディアでも身近な地域でも重ねられていたと思う。

被爆市市長の力強い発言

8月6日広島慰霊の日、列席した首相の前で「日本国政府は、世界に誇るべき平和憲法をあるがままに遵守し、米国の時代遅れで誤った政策にははっきり『ノー』というべきです。」と凛然と述べたのは、秋葉忠利広島市長だ。秋葉氏は「21世紀は、市民の力で問題を解決できる時代です。」とも言っている。世界の1698都市が加盟する平和市長会議等、具体的実践に裏付けられた言葉の響きは力強い。

田上富久・長崎市長も平和宣言の中で、伊藤一長前市長の意思を継いで「非核三原則の法制化が必要」と明言した。長崎では98年から核廃絶を訴えるため高校生平和大使を毎年国連に派遣している。今年は、在韓被爆者3世を含む外国籍の高校生4名も参加したそうだ。

「私たちはあの日苦しんでいた人たちを助けることはできませんが、未来の人たちを助けることはできるのです。」‥広島のこども代表の誓いの言葉も胸に深く響いた。

 市民は、決して弱くて愚かな存在ではないのだ。私たちも力を合わせ、活動を重ねていこう。いろいろな場所で、多様なやりかたで。

 

楽しいイベントへどうぞ

 9月9日、年金者組合草加支部と共催のイベントを企画しています。笑いながら、音楽を楽しみながら、平和を感じ、考えようという企画です。どうぞご参加ください。(お)

 

〈ねがいは平和―九条落語と朗読・コーラスのつどい

日時:9月9日(日) 午後1時30分開演

会場:草加市立勤労青少年ホーム軽体育室(草加駅東口から徒歩12分?928・5550)

新しい情報と活動のご案内 奮ってご参加ください

◎憲政記念館と遊就館見学会 

9月11日(火)午前10時30分 憲政記念館玄関ホール集合

主催:獨協学園九条の会

 

◎映画「蟻の兵隊」上映会

9月21日(金)18時45分(開場15分) アコスホール

料金:大人1200円 学生1000円 シニア・障がい者800円

※チラシ持参の方200円割引いたします。 連絡先:935−3656(蟻の兵隊上映実行委員会)

 

◎日本国憲法のビデオ鑑賞と話し合い

9月29日(土)午後2時〜4時 谷塚文化センター4F小会議室 参加費:100円

主催:九条の会・草加   問い合わせ:大塚(928−67−5)

《コラム風の音

 

昼のうんざりするほどの暑さ、夜になっても熱気は続いている。テレビをつけたらニューギニアで戦死した兵士の遺骨が映し出された。兵士はうつぶせのまま倒れ、無数の蟻がうごめいている。「遺骨は故国に帰らない限り戦争は終わっていない。靖国にはいない」遺骨収集団のことばが胸に突き刺さってくる。63年間も埋もれたままの遺骨は“あー、いまようやく私の存在を探しあててくれた“と、いっているように思えた。東京大空襲で両親と弟を失い、戦災孤児となったMさんはいう。「戦争を知らない人たちが、泥沼の恐ろしさを知らないから、戦争への道を開こうとしている」戦争を知らない安倍首相が、広島、長崎の原爆記念日で「憲法の規定を順守し、国際平和を誠実に希求し、非核三原則を堅持していくことを改めてお誓い申し上げる」といったけれど…。この誓いはホント?それなら、その証に憲法改悪法案ともいえる、国民投票法案を破棄して欲しい。8月の川柳にあった。「被爆地に行けば憲法守る振り」そうよ嘘のことばを見逃すまい。(し)

 

〈2面〉

飛行機作りに励んだ軍国少女 講座で知った歴史教育のウソ 
高橋みどり

 

私は1929(昭和4年)9月1日生まれ、現在77歳です。当時は教員の両親、妹、弟2人と私の6人家族でした。北海道千歳市の長都(おさつ)という田舎の小学校(途中から国民学校)の教員住宅に住んでいました。

学校は1,2,3年生と4,5,6年生のクラス、高等科の3クラスという複式学級で、父は全教科を、母は女子生徒と、当時あった青年学校の女子部で裁縫を教えていました。学校には何人かのアイヌの子が在学しており、大体が貧しい生活をしていましたが、何故そうなのかは、分かりませんでした。友達の中には一緒に並ぶのを嫌っていた子もいました。

 国民学校を卒業したのは、1942(昭和17)年3月、その後江別高等女学校に入学し、親戚の家に下宿して通学しました。

 ところが折角女学校に入学したのに、男たちが皆戦争に取られていったために、私たちはペンを捨てて、毎日のように援農に出かけました。畑の草むしり、じゃが芋の草取りや収穫などが主な仕事でした。雪が降るようになって、初めて勉強らしい勉強をすることができました。

 2年生になると、レンガ工場への動員が待っていました。職人が作ったレンガを焼くために、レンガを板の上に乗せて、窯まで運び、これを焼く。焼きあがった熱いレンガを手袋をはめただけで窯から取りだす。このレンガは軍の兵舎を建てるのに使われたものだったらしい。ものすごい粉塵が舞い上がり、私は肺を侵されて、当分休学することになりました。

 しかし、3年生になって無理に学校にお願いし、再び軍需工場で働くことになりました。

 女学校の3,4年生は江別市にあった王子製紙江別工場が飛航機工場になったために、学徒動員されたのです。滑走路予定地の草むしりや、エンジン、翼、車輪、胴体など飛行機の各部製作にたずさわりました。飛行機は「木製飛行機キ106号」陸軍戦闘機でした。

 私は体調不良のために、事務に配属され、それでも軍国少女としてお国のために尽くしました。

 艦載機による工場への空襲もあり、走っていた列車の機関士が即死したこともありました。

 1944(昭和19)年6月完成1号機が滑走路の両側に並んだ女子挺身隊員、男女動員学徒や工員たちの見守る中を離陸したときには、歓声の声で一杯になりましたが、3号機まで作り上げたところで、終戦になり、私たちは即座に帰郷を命ぜられ、両親の下に帰っていきました。

 戦後結婚して、草加の松原団地に移り住んだのは1962(昭和37)年のことです。その頃から、市の広報によって、各地の公民館の学習会に参加するようになりました。

 その中で一番印象に残っているのは、折井美耶子先生の15回に亘る「女性史講座」です。この学習によって、戦時中に受けた歴史教育がいかにウソであったのかがよくわかりました。

 戦争は子どもたちから勉学の機会を奪い、強制的に労働をさせられることも、経験しました。

その後は、戦後の民主主義、人権の尊重を学び、小学生当時、アイヌの子が何故貧しく差別されていたのかもわかってきました。戦争の愚かさ、平和の尊さも学びました。今はこの平和をいつまでも守り続けるために、残された人生を捧げたいとさえ思っています。(聞取り・な)

 

 

読んでスッキリ、力のつく本

「憲法の力」伊藤 真(伊藤塾塾長)著 集英社新書714円

 2周年記念集会で講演してくれた、講師の伊藤真さんが書いた新書です。読んでいくことで、憲法が持つ途方もない底力に、気がつくでしょう。

 この本には、憲法の基本原理、憲法と法律の違い、小学校で習った日本国憲法の3原則(国民主権、人権尊重、平和主義)がわかりやすく書いてあります。 

 憲法には、こんなにすごい力が詰まっているのだということが理解できます。そして、成立した国民投票法についても書いています。「中国が軍事費を増強した、北朝鮮が核実験をした」というニュースが入ってくると、日本も軍隊を持っていないと危ない、という話がでます。よく聞く憲法論議に関し、「飲み屋で負けない。」憲法論議・ミニ知識Q&Aという形でまとめています。   

 9条改憲賛成派の人たちの声・軍隊は何を守るか・世界の潮流は集団的安全保障へ・近隣諸国が攻めてくる蓋然性・自民党が考える自衛軍・60年間日本が戦争をしなかった理由・世界の非常識である9条の存在意義…などなど、お茶会やミニ集会、サークルなど普段の話の中で出てくることを、非常にわかりやすく役に立ててくれます。

 是非、ご一読を進めます。(か)

 

 

 


〈九条の会・草加〉 連絡先:白根 厚子 рO48−924−6400